スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴォリミット感想

ども滋味@でごぜえます
約2週間ほっといたこととか
なんかカウンターが30前後だったのがいきなり今日60に達してるとか

そんなのどうでもいいです


エヴォリミット

とりあえず自分は「エヴォリミット」をクリアしたのです
それだけで語ることはないのです

クリア後興奮しました
そしてなんか虚無感というか、話が終わったことによる寂しさ
そういったものを味わっておりますなう

これらの心理は別にエヴォだけに限ったことではなく
たとえばエロゲでいうと
GardenとかG線上の魔王とか、リトバス、クラナド、村正・・・
小説やアニメ、ラノベでも
いろんな作品で感じてます

そしてそれらの作品が終わると共にいつも
思ったこと、感想、とりあえず思ったこと
このぐちゃぐちゃな感情を何かで表したいと思うのです
しかしそれは言葉にしたら薄くなってしまうかもしれない
ちょっと時間がたっただけで忘れてしまっている感想があるかもしれない
そういう危惧と隣り合わせにしながらも示したいと強く思うのです

なので自分は作品が終わった後すぐに
skypeで友人たちで固まってるグループ会話の所に
殴りこみのように感想とかを書いて迷惑かけたりしてるわけですが

今回はそうともいかず
なんとかしてblogに書き留めるという形で書きたいと思っているのですが
いまこれを書いてる時点で自分の脳内はいい意味でも悪い意味でも整理が進み
余分な感想は排除されていってる気がします

多分小説、アニメ、ゲームをやった方々は同じように思うことがあったと思います
そんなあるあるを自分も握って
ただ適当に文章これから書きます

エヴォリミットで思ったこと 
開始

ネタバレあります

※あくまでメモですので、自分の作品に対する考え考察という意味では薄いかもしれません

急にとち狂ったような出だしの書き方ですが気にせずにw

追記へ
クライマックスに近いほど記憶と印象が新しいですので
物語内での時系列はめちゃくちゃに感想を

最後のほう
雫と不知火、シャノンは宇宙へ行って
人類の終着点、始まりを見つけて
そこからの分岐で
火星に帰らないほうでは
地球に似た星に雫と不知火二人で住むことを決めました

そのシーンを見てアレに似てるなと思いました
劇場版のエウレカ
「交響詩篇エウレカセブン~ポケットが虹でいっぱい~」ですね
あの話に似てるな~と思いました
その星の創世主っぽくなるあたりとか
アダムとリリスというキリストがちょっとかじってくるところとか

そして火星に帰るほうでの分岐は
グレンラガンを思わせました
それは宇宙だからということもありますが
グレンラガンの最後の方に

「このドリルはこの宇宙に風穴を開ける!
その穴はあとから続く者の道となる!
倒れていった者の願いと、あとから続く者の希望!!
二つの思いを、二十螺旋に織り込んで!!
明日へと続く道を掘る!!!
それが、天元突破!!!!
それが、グレンラガン!!!!
おれのドリルは、天を創るドリルだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

というセリフがあってこれを思わせました

そしてエヴォの一番最後には
人間が歩むことを辞めないことを願う
的な発言がシャノンからありました

この物語はシャノンの言葉に始まり
シャノンの言葉で終わりましたね

雫√というのは
他のカズナ、リーティア√で得られた情報、設定というのが
途中で回収されつつ行われるので
雫√にはやはりメインヒロインということもあってか
凝縮前の量が違いましたね


カズナ√の印象は一番最初にやった√なので薄くなってきましたねぇ・・・
というよりも何か雫、リーティア、カズナ
という3つのヒロインの√を並べた時に
話の内容がちょっと浅いかなぁという印象

リーティア√は結構印象に残ってますね
「ハウルの動く城」のように
空、まぁ上空にあるものというのは(自由の象徴という意味として扱われるときもありますが)
ある意味未知のものの象徴でもあり
バルバロイを運ぶやつも空に浮かんでますね
そして空を自由に飛べるリーティア本人
彼女自身も機械でできているという意味では未知の存在でしたね

そして巨大ロボットが「心」を持つか

エヴォリミット自体が「進化」と共に「ロボット」という点にも重きを置いていた気がします
ロボットと人との共生
ロボットの持つ「心」
結局チャペックはそれが疑似的であろうと感情を持ち

何だっけあの巨大ロボット
スカトンケイル?
あれ思い出せない

とりあえずあの巨大ロボットも学習しながらも
最後の最後で心はもらえなかったのですかね

リーティア√ではシャノンがいなくなってしまいましね
雫√をやったあとですと
シャノンがあの後どうなったのかとか若干消化不良はあるものの
ロボのデザインとかで満足でしたw

カズナ√ちょっとずつ思い出してきた
「通り魔」と闘ってたそういえば
あれは結局、共有化世界を創ったことにより
不知火最強になりましたね
そしてENDの一つには太陽の端末種という選択肢があり
それは後々雫√で1つの可能性としての進化と言われてましたね

進化の道は1つだけではないようです


風魔環太郎というキャラがいました
彼は進化をして、進化を求めるあまり
不知火を殺すと言う感情が膨れ上がってしまい
結局はなくなく不知火が彼を殺すわけですが
彼の役割は話のうえではなんだったのか
進化の1つの可能性を示したのか
愛を捨て、進化を求め、闘いを求める姿
それが不知火の教訓てきなこととなり
不知火の進化の道筋を整えた・・・ということなのかなぁ・・・
バカにはわからんw

あと一番最良とも言えるエンドで
アースシード達はどうなっていくのだろうか
そういった疑問も生まれました


体験版という本当に狭い道幅から
本編という大海原とも宇宙とも言えるような展開を繰り広げるエロゲたち
その結末にいつも驚愕し、感嘆し、興奮します
エヴォリミットもそういった作品の1つです

たとえパッチがどんだけ万能であろうと
それは話の通過点のなかでの指摘でしかなくて
結末を見たときにそれを陵駕するスケールがあったと思います
それが賛否両論であろうと自分は好きです

エヴォリミット面白かったああああ


なんかぐちゃぐちゃの文章でしたけど
書いたらスッキリしました

(#゚Д゚)ノシ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

FC2プロフ
 ↑クリックお願いします                                  ☆プロフとblogについてはココ
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク(★つきは相互)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

暇田の独り言(新館)

積みゲータワーをテロ爆破

完全なる栄光を我が手に

いつもの日常

コトバノラレツ

妖精さんのありふれた生存状況Plus

それでも俺は現在を生きる
つぶやき
エロゲレビュー&感想
skype
ログイン状態
応援バナー
サガプラネッツ最新作「ナツユメナギサ」    ↑プレイ日記書いてます 【id[イド]】応援バナー                装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。                         Garden Garden Garden Garden Garden           ういんどみる新作           恋色空模様           ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画           ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画          エヴォリミット
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。